行政書士法人 麻田事務所

〇 帰化って?

 

日本には外国人が多く住んでいます。法務省の統計では平成26年末の在留外国人数はナント212万人超!中国国籍の人が約65万人、韓国・朝鮮国籍の人が約50万人です。割合でいえば約54%ですから、日本に住む外国人の半数以上が中国・韓国・朝鮮国籍の方ということになります。

このような人の中には日本の国籍を取りたいと考える人も多くいらっしゃいます。このときの手続が帰化の許可申請です。帰化の条件は国籍法に書かれていますが、条件を満たしたからといって必ず帰化が許可されるわけではありません。ここが帰化の難しいところです。

 

 

〇 帰化の条件って?

 

一般的な条件は6つあります。くだけた表現をすると次のとおりです。

1 引き続き5年以上日本に住んでいること

2 20歳以上で本国の法律で行為能力があること

3 素行が善良であること

4 自分や家族に資産があるか生活できる稼ぎがあること

5 二重国籍にならないこと

6 政府の転覆を目論んだりしていないこと

日本に住んで生活をしている外国人ならばおおよそ条件を満たすと思います。ただ、先ほども書きましたが、これらの条件を満たしたら必ず帰化ができるわけではありません。

 

 

〇 帰化の手続は?

 

帰化をするにはまず法務局に行って担当官に相談をします。このときにご本人の状況を色々聞かれて、手続きに必要な書類を教えてくれます。必要な書類は本国の謄本、日本での出生届などの証明書、源泉徴収票、資格証明書、運転記録証明書など多岐にわたります。

次に、書類を記入したり収集したりします。外国の書類は全て日本語に翻訳しなければなりません。本国の謄本の翻訳が大変なんです!翻訳をプロに頼むとけっこうな金額がかかります。

すべての書類が揃ったら申請書類一式を法務局に提出します。この申請は必ずご本人でなければなりません。行政書士などが代理人として申請することはできません。法務局から何度も念を押されます。

次に、いよいよ山場の面談です。この面談も必ずご本人でなければなりません。日本語能力をチェックしながらいろいろな質問がされますが、中には意地悪な質問もあります。あとで必ず調査されますので、正直に答えないと嘘がバレます。嘘がバレると帰化の許可申請はほぼ却下になるでしょう。注意してください。

面談の後、追加書類の指示があれば提出してください。法務大臣の決裁、官報告示と進んだら法務局から連絡が来ます。在留カードなどを返却し、帰化届や各種名義変更手続、国籍喪失の届出などをして、帰化の手続は終了です。

簡単に手続の流れをまとめます。

法務局に相談

書類集め

申請 (必ず本人)

面談 (必ず本人)

許可または不許可の連絡

在留カードなどの返却

(ここまでがいわゆる許可手続き)

帰化届

各種名義変更手続

国籍喪失の届出

 

 

〇 帰化は難しい?

 

日本では帰化は難しいと言われています。平成24年から28年までの国籍取得者は年間1000人と少しで推移しています。

日本国籍を取得させるかどうかは国の裁量ですから、書類を集めて申請をしたからと言って必ず日本国籍を取得できるわけではありません。

在日3世や4世の方にとっては生まれたときから日本に住んでいるでしょうから、日本の国籍を取りたいと考える人も多いと思われます。そこで立ちはだかるのは書類を揃えることです。国籍を取る=戸籍を作るということですから、戸籍になるような事柄は全て明らかにしなければなりません。ご自身のことだけでなく、両親や兄弟のことも証明書を集める必要があります。仕事をしながら集めるとなると大変です。

 

 

〇 帰化をするなら家族そろって!

 

家族そろって帰化をする場合、全員が一人ずつ個別に帰化申請をするよりも書類の枚数は減ります。ご夫婦の婚姻証明や祖父母の証明書など、家族でひとつ揃えればよいからです。

どのような書類を集めたらよいのかは事案によりさまざまですが、法務局へ行って担当官に話をすれば集める書類を教えてくれます。どこで取得するのかも教えてくれます。

ただ、家族全員の生まれたときからの証明が必要ですから、最初に指示された書類を集めただけでは足りないと言われることがあります。「もっと遡った書類が必要だ」とか「親族に帰化をした人がいればその戸籍も必要だ」とか「転職してるならこの書類が必要だ」など次々と集める書類が増えていきます。法務局の担当官によっても指示される内容が異なることもあります。せっかく集めた書類なのに「これはいらない」と言われます。

このように、時間も手間もかかる帰化申請を家族別々に行うことは非効率的です。書類集めにしてもそうですし、担当官への相談・書類確認でも無駄が多くなります。効率的に帰化をするためにご家族そろっての帰化をおすすめします。

 

 

Copyright (c) 2017 Office-Asada Administractive Lawyer Corporation All Rights Reserved.